性病になったときに病院へ行くことのメリットとデメリットを紹介します。クラビット等の抗生剤は通販でも入手可能です。

病院処方のメリットとデメリット

通常、性病の疑いがあるときは病院で検査を受け、治療を進めていきます。

ここでは性病になった場合の病院での治療薬処方によるメリットとデメリットを考えていきます。

病院処方のメリット

・医師に相談することが出来る
・検査や、診療、診断、治療薬の処方、すべて一貫して行える
・症状や医師の指示によっては保険が適用される
・対面での診察や治療により安心出来る

病院にかかることの1番のメリットは専門家としての医師がいるというところにあります。

病院処方のデメリット

医師に診てもらえることで確実な治療が受けられるというイメージがりますが、実は、病院へ通うことには多くのデメリットが存在します。

病院に行くタイミング

【診療日等の関係】
多くの病院は土日や祝日がお休みのところが多い
社会人や平日多忙な方は診療を受けられない

【診察時間の長さ】
検査内容によっては時間がかかるケースがある
再診が必要な場合は何度も病院へ行くことになる

診察内容

【患部の検診】
女性であれば男性医師に患部を見られることがある
患部を見られることにより凌辱感を感じてしまう

保険証提示の必要性

【性病の露呈】
家族や知り合いにばれてしまう可能性がある
受付や待合室など多くの人と顔を合わせなければいけない
特に田舎や地方の場合は人のうわさが広まりやすい

金銭的な問題

【必要な費用】
治療薬以外にも診察代や処方代がかかる
検査代が保険適用外になると費用が高額になる
病院に行くための交通費がかかることがある

如何でしょうか?
病院へ行くということは、お金や時間がかかり場合によっては恥ずかしい思いをするというデメリットがあるのです。

もちろん、性病に罹ったら素人判断ではなく、病院へ行って診てもらい薬を処方してもらうというのはオーソドックスな流れとなります。

しかし海外から性病の治療薬を購入することが可能な現在、リスクを冒してまでも必ず病院処方しなくてはいけないわけではありません。

中には様々な理由で病院へは行けないという人もいるため、これからは海外から個人輸入する人がさらに増加してくるでしょう。
その際、海外から治療薬を購入するためには様々な制約がありますので、必ず守るようにしましょう。

海外通販のメリット・デメリット

独力での輸入が難しいと感じるのであれば、個人輸入代行サイトを利用すれば国内における一般的な通販となんら変わりなく簡単に欲しい医薬品を入手することができます。

↓↓性感染症の治療薬はこちらで購入できます!↓↓