性病の治療薬は個人輸入代行業者を利用し簡単に通販で手に入れることができます。通販のメリットとデメリットを紹介します。

海外通販のメリットとデメリット

性病になってしまったかもしれないと感じたら、一般的には病院へ行き診察や検査などをして治療薬を処方してもらいます。

日本には薬事法という法律があり、処方箋薬は医師による処方でしか販売してはいけないことになっているのです。

病院処方のメリット・デメリット

しかし日本以外の治療薬、所謂海外医薬品の場合どうでしょう?

実は海外から海外医薬品を個人輸入するのは法律的に可能なのです。

もちろん、1度に購入できる個数や、購入できる治療薬、販売目的では購入できないなど様々な制約はありますが、他の海外通販と同じように購入することが出来るのです。

では性病の治療薬を海外通販するメリットとデメリットをあげていきましょう。

海外通販のメリット

個人輸入代行業者を介し通販で医薬品を購入する主なメリットは下記のとおりです。

無駄の省略とリスク回避

【通院に関して】
病院は待ち時間や検査時間、移動など、行くだけでも時間がかかってしまいます。
わざわざ病院に行かずとも自宅に居ながら購入することができるので無駄な時間などがかかりません。

【費用に関して】
病院へ行くわけではないので、自分の症状などがわかっていれば診察代や処方代などが必要なく治療薬代だけで済むのです。
さらに、自分で選択して購入することができるので、無駄な治療薬を購入しなくて済みます。

【リスクの回避】
注文した医薬品は通常の通販と同じように郵送され、優良サイトであれば郵便局留めを指定できるところもあります。
医師や家族、知人など、周りの人に性病だということが気付かれないで済みます。

海外通販のデメリット

・偽物を販売している業者もいる
これは人気がある商品には必ずと言っていいほどつきものです。
需要があるものに対して偽物を販売する悪徳業者もいるので注意が必要です。
サイトの中で正規品と記載しているか、または会社の所在地等が記載されているか確認しましょう。

・商品到着まで時間がかかる
海外からの郵送ですので日本国内での通販と異なり時間がかかってしまいます。
税関などを通って到着するので注文から10日から2週間程度は時間が必要です。
日々服用するような薬であれば、数量制限にかからない程度に余裕を持って多めに注文すると良いでしょう。

・自己責任
日本の法律によって守られていない治療薬の場合、服用するにはすべて自己責任となります。
あらかじめ購入予定の薬についてある程度の知識をたくわえ、責任を持って使用することが大切です。
今ではインターネットなどで簡単に調べられますので、薬の知識を得ることは困難ではないと思います。

以上が通販を利用し海外医薬品を入手する上でのメリットとデメリットになります。

特にメリットとして優れているのは費用が安いことと家にいながら購入することが出来るという点ではないでしょうか?

性病という病気は性交渉によって感染するので他人には知られたくないという人がほとんどです。
海外通販は病院処方で懸念される点をすべて解決することが出来るといえるでしょう。

↓↓性感染症の治療薬はこちらで購入できます!↓↓