日本で最も感染者数が多いクラミジアにはクラビットが有効です。性病の治療に有効な抗生物質について解説しています。

性病治療に有効な抗生物質

性病には種類が沢山あり、その原因菌やウィルスによって感染してしまいます。

【主な感染源】
・血液
・精液
・膣からの分泌液

【主な感染箇所】
・尿路
・肛門
・膣
・陰茎
・口腔
・咽頭
・眼

感染源を殺菌したりすることによって治療を進めていきますが、昔は死の病気と言われていた梅毒でも現在では医学の進歩により抗生剤ひとつで完治させることが出来るようになりました。

治療薬を服用することによって完治させることが出来る病気でも、そのまま放置してしまうことで症状が悪化し、他の人などに感染させてしまうリスクが考えられます。

性病を治療せず放置するリスク

性病は時間との闘いですので、早期発見と早期治療が求められるのです。

性病の中でも日本での感染者が100万人をも超えるといわれているクラミジアですが、抗生物質によって簡単に治療することが出来ます。

クラミジアの症状と治療法

抗生物質の中でも系統が分けられています。
その中でも、ジスロマック・クラリシッド・クラビットの3種類がクラミジア治療で活躍しており、ジスロマックとクラビットが病院では1番処方されやすくなっています。

マクロライド系の抗生物質

ジスロマックとクラリシッドはマクロライド系に分類されており、比較的副作用が少ないうえに抗菌スペクトルが広いことから多く扱われています。

安全性が非常に高く、幼児から高齢者、さらには妊婦などにまでも幅広く処方されている頻繁薬の1つとなっています。

ジスロマックの有効成分はアジスロマイシン水和物で、体の中に長く滞在することが特徴的です。

1回の服用で1週間ほど効果が継続するといわれているので、性病予防のために服用している人もいます。

ニューキノロン系の抗生物質

クラビットはニューキノロン系に分類され、有効成分はレボフロキサシン水和物です。

ニューキロノン系の中でも抗菌活性が強く、呼吸器の感染症の治療に適しています。

他にも眼科などで、眼薬としても活用されており、日本国内で使用されている抗生物質の中でもジスロマックと並びもっとも活用されているものです。

クラビットの詳細

これらの抗生物質は現在日本では処方箋薬で、ドラッグストアなどでは購入することができません。
通常病院で処方してもらうことが多いと思いますが、海外から個人輸入することで手にすることが可能となっています。

個人輸入はあくまでも個人で使用する場合のみ可能ですので、その点は注意してください。

海外通販のメリット・デメリット

↓↓性感染症の治療薬はこちらで購入できます!↓↓