性病の感染経路は性行為だけではありません。お風呂やトイレなどから感染するものもあります。

性病の感染経路はさまざまである

性病の感染経路の図

さまざまな症状を引き起こし、ときには命に関わる症状を引き起こすこともある性病。

性病は治療薬があることから、その危険性を軽視する人たちもいますが、決して軽視してはいけない危険な病気の一つであるといえます。

危険性が高く、厄介な特徴を持っているものも多い性病ですが、皆さんは性病の感染経路について、詳しくご存知ですか?

「性病」という呼び方をしているのだから、感染経路は性行為からだろうと考えている人も多いと思いますが、実は性病の感染経路は一つだけではありません。

性病の感染経路は一つだけでなく、複数存在していることを忘れないようにしなくてはいけません。

性病の感染経路はどのようなものがあるのか、詳しく知っているという人も、実はあまり詳しく知らないという人も、一度確認しておくことをオススメします。

性病の感染経路で最も代表的なものは、皆さんがご存知のように性行為からの感染です。

実際に性病の中でも、性行為を行うことによって感染が広がるものは多く、中でもクラミジアが代表的な性病でしょう。

性行為以外の感染経路だと、少し意外に感じる経路から性病に感染することもあります。たとえばトリコモナス症のようにトイレの便器やお風呂といった場所で感染することもあります。

また、梅毒などの病気のように母子感染をすることもありますし、場合によっては母子感染によって死産になってしまうケースもあります。

性行為以外での性病の感染経路はこれだけでなく、血液によって感染する可能性がある性病の場合、輸血によって感染が広がっていくケースもあります。

特にHIVは性行為による感染率と輸血による感染率を比べた場合、輸血による感染率は約90%と非常に高い数値になっています。

現在の日本では輸血のときのチェックは厳しくなっているので、こういったケースによって性病に感染する可能性は低くなってきていますが、こういった感染経路もあるということはしっかりと覚えておきましょう。

また、カンジタのような病気は元々身体に存在している菌が異常に繁殖することによって感染するので、性病の中には特定の感染経路を持たないと表現できるものもあるのです。

このように、一口に性病といっても、その感染経路は性行為に限らず、様々な経路があります。

中には性行為を行なっていないのに性病に感染してしまう……というケースもあるので、十分に注意が必要です。

性行為を行なっていないから性病には感染しないだろうと考えていた人は、その認識を改め、こういった感染経路も存在していることをしっかり覚えておきましょう。

口腔(口唇)感染にも注意が必要

口腔(口唇)感染にも注意が必要なのを指摘する医者

若い世代の人たちはもちろん、場合によってはそれ以外の年齢層の人たちも警戒しておいたほうがいいといえる性病。

様々な経路で感染する恐れがある性病は、感染経路について正しい知識を持っていなければ、自分でも気付かないうちに性病に感染してしまう可能性があるといえます。

いろいろな感染経路を持つ性病は、中には口唇、つまり唇や口腔から感染するものも存在しています。

つまり、性病は性行為や便器などからの感染以外にも、口から感染する可能性もあるのです。

自分でも気付かないうちに性病に感染していたり、相手に性病をうつしてしまったりするとショックを受けてしまいますよね。

安心してパートナーとの毎日を過ごすために、口から感染する性病についても知識を持っておくことをオススメします。

性病は場合によっては口から感染することがある、といわれても、もしかしたらあまりピンとこない人もいるかもしれません。

性行為にはいろいろな楽しみ方がありますが、その中には舌や唇などを使って相手の性器を愛撫するオーラルセックスがありますよね。

何らかの性病が口から感染する場合、咽頭や唇に感染していた性病がオーラルセックスをしたときに相手にうつる場合があるのです。

口に性病が感染したときは、咽頭や口唇に感染することが多く、中でも代表的だといえるのが咽頭クラミジアになります。

咽頭などの場所に性病が感染しても、喉の痛みや痰が出るなどといった風邪のような症状が出ることが多く、性病であることに非常に気付きにくいのです。

そのため、性病と気付かずに性行為を行い、相手にうつしてしまうこともよくあります。

もし、性行為を行なってから風邪のような症状がいつまでも続く……というときは、何らかの性病に感染してしまっている可能性があるので、病院で検査をしてもらうことをオススメします。

口からの感染は、他の性病の感染経路に比べたときに、わかりにくいという特徴があります。

性病について誤解をしている人は、直接性器を触れ合わせたりしなければ感染しないと考えてしまっているかもしれませんが、口に性病が感染したときは直接性器を触れ合わせたりしなくても性病に感染してしまう可能性があります。

また、口に性病が感染しているときは、ディープキスなどによって感染が広がる場合もあるので、特に注意が必要だといえるでしょう。

性病の感染経路の中には、こういった感染経路もあるということをしっかりと覚えておき、誤解をしないようにしましょう。

ピンポン感染しないために

ピンポン感染について解説する医者

何らかの性病に感染したときは、自分一人だけでなく、パートナーも一緒に治療を受けたほうがいいとよくいわれていますよね。

これにはきちんとした理由があり、ピンポン感染を防ぐために必要になってくるためです。

ピンポン感染といわれても、どのような感染のタイプなのか、いまいちよくわからない人もいるかもしれません。

性病に感染したときは、恥ずかしさから周囲にはできるだけ知られずに治療をしたいと考えますし、パートナーにも内緒にして治療をしたいと考える人がほとんどだと思います。

ですが、既にパートナーにも性病をうつしてしまっている状態だと、適切な治療を受けて完治してもパートナーと性行為を行うことによって、また性病に感染してしまいます。

このように、ピンポンで玉をやりとりしあうように、パートナーとの間で何度も性病をうつしあってしまい、いつまでも性病が完治しない状態になってしまうことをピンポン感染といいます。

ピンポン感染は自覚症状があまりない性病で起きることが多く、有名なのはクラミジアのピンポン感染です。

ですが、クラミジアに限らず、トリコモナス症や尖圭コンジローマでも起きる可能性があるので、基本的に性病に感染したときはピンポン感染が起きる可能性があると考えておいたほうがいいでしょう。

性病において、ピンポン感染は危険だといわれており、特に潜伏期間が長い性病や自覚症状が少ない性病で起きると、治さないまま慢性化してしまう可能性があります。

慢性化してしまうと病気を完治させることが難しくなってしまい、お互いにとって非常によくない状態になってしまうのです。

また、性病は他のウイルスが身体に入ってきたときに感染リスクが非常に高くなってしまうという危険性もあるので、危険性が高い病気だからこそピンポン感染に注意する必要があります。

性病に感染してしまったときは、パートナーにとても打ち明けにくいものがあります。

場合によっては浮気を疑われてしまうこともあるので、そのことを考えると余計に打ち明けにくくなってしまうと思います。

ですが、自分が性病に感染したときはパートナーにも感染している可能性が非常に高くなりますし、ピンポン感染はリスクも高い感染タイプであるといえます。

性病を慢性化させないためにも、ピンポン感染を防ぐためにも、性病に感染してしまったときはパートナーにも感染している可能性があることを考えて、必ずパートナーと一緒に治療を受けるようにしましょう。

コンドームによる性病対策

コンドーム

性病は感染に気付くのが早ければ、治療薬を使うことによって速やかに治療をすることができる病気です。

ですが、感染していることに気付くのが遅れてしまうと完治までに時間がかかってしまうこともあるので、そもそも感染しないように対策し、予防するのが一番です。

性病に感染しないように取ることができる対策の中でも、皆さんが真っ先に思い浮かべるのがコンドームをつけることではないでしょうか。

コンドームをつけて性行為を行うことは、避妊をするときに有効な方法というイメージが圧倒的に強いですが、性病を予防するためにも非常に効果的な方法になります。

性病の多くは性行為を行うことによって、粘膜同士が触れ合い、その結果、感染するというものが多いので、コンドームを使うことによって粘膜同士が直接触れ合うのを防ぐことができるのです。

性器と性器の接触を少なくすると、性病に感染する可能性が低くなるのです。

男性の中にはコンドームをつけるとあまり気持ちよくないからコンドームをつけたがらない人もいますが、コンドームをつけずに性行為を行うことは避妊という観点から見ても、性病の感染対策という観点から見ても、非常に危険だといえます。

自分が性病に感染しないようにするためにも、性行為をするときはコンドームをつけ、しっかりと性病への対策をすることをオススメします。

コンドームを使うときは、挿入前にコンドームを使用することが大切になってきます。

最初はコンドーム無しで行い、途中からコンドームを使用して行うという方法では意味がなく、性病の感染対策になりません。

コンドームを使って性病対策をするときは、必ず挿入する前にコンドームをつけるようにしましょう。

また、コンドームを使用しても、正しい方法でつけないと途中で破れてしまったり、外れてしまう可能性もあるので、コンドームで性病対策をするときは事前にコンドームの正しい付け方について調べておきましょう。

また、性病は粘膜同士の接触だけでなく、オーラルセックスによって咽頭などの場所に感染することもあるので、この場合はどのようにして感染を防げばいいのか、頭を抱えている人もいるかもしれません。

実はオーラルセックスをするときにもコンドームの使用は有効だといわれており、コンドームをつけてオーラルセックスをすることによって、口からの感染や、咽頭や口腔への性病の感染の対策をすることができるのです。

最近ではオーラルセックス用のコンドームなども作られているので、確実に性病に感染しないようにするために、オーラルセックスをするときも専用のコンドームを使って対策しましょう。

↓↓性感染症の治療薬はこちらで購入できます!↓↓