クラミジアの治療に利用されているレボフロックス。レボフロックスの特徴や服用方法、副作用について紹介します。

レボフロックスの効果と特徴

レボフロックス

効果が高く、多くの人が使用している医薬品はジェネリック薬も多く作られていますよね。

そのため、クラビットなどの抗生物質でもジェネリック薬が作られているのでは?と考えている人もいるかもしれません。

実はそのとおりで、クラビットも様々なジェネリック薬が作られており、新薬であるクラビットからジェネリック薬に切り替えることができるのです。

クラビットのジェネリック薬の中でも有名なのが、レボフロックスになります。

レボフロックスはインドの製薬会社であるシプラ社が製造しているクラビットのジェネリック薬になります。

シプラ社はレボフロックスだけでなく、様々なジェネリック薬を製造しているので名前を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

クラビットのジェネリック薬のため、有効成分はクラビットと同じレボフロキサシンとなっており、抗生物質のタイプはニューキノロン系に分類されます。

クラビットと同じ成分を含んでいるので、クラビットと同じような特徴を持っており、即効性にも優れています。

クラミジアなどの性病に感染してしまったときは、できるだけ早く薬の効果があらわれてほしいと感じる人がほとんどなので、ジェネリック薬であるレボフロックスでも即効性があるというのは安心感がありますよね。

また、レボフロックスはクラミジアを治療するために使用する人が多いですが、クラミジアに限らず、その他の性病にも効果を発揮するという特徴があります。

クラミジアと同じくらいに有名な性病には淋病がありますが、レボフロックスは淋病に対しても治療効果を発揮するので、クラミジアだけでなく淋病を治療するために使用することもできます。

淋病もクラミジアと同じように厄介な性病なので、素早く治療できるというのは助かりますよね。

もちろんレボフロックスにも安全性が高いという特徴があるので、今までクラビットを使っていた人も安心してレボフロックスを服用することができます。

レボフロックスを服用することによってクラビットと同じ効果を得ることができます。

つまり、クラビットが持っている細菌のDNA複製を阻害して死滅させるという効果を、レボフロックスでも得ることができるのです。

それなのに、クラビットよりも安く手に入れることができ、多少割高になる100錠入りのものを購入したとしても、新薬であるクラビットの4分の1ほどの価格で手に入れられるのです。

少しでもお得に性病を治療したい場合は、レボフロックスを選ぶのをオススメします。

レボフロックスの服用方法と注意点

レボフロックスの服用方法と注意点を説明する医者

新薬であるクラビットよりも安価に購入することができ、お得に性病を治療していくことができるという魅力を持っているレボフロックス。

レボフロックスはジェネリック薬の中でも有名なものなので、口コミもたくさん集まっており、インターネットを利用すればレボフロックスの口コミを簡単にチェックすることができます。

そのため、レボフロックスを選ぶ前にどういった特徴があるのか、どういった評価をされているのかを自分の目で確認できるため、ジェネリック薬の中でもかなり安心して使用できるものになっています。

そんなレボフロックスですが、服用方法はどのような感じなのか気になりませんか?

クラビットの場合、1日に1回、1錠を服用するのが効果的な服用方法で、飲み忘れがないように飲むのが大切になってきますよね。

そのため、クラビットのジェネリック薬であるレボフロックスにも効果的な服用方法があるのでは?と考えている人もいるのではないでしょうか。

また、あらかじめレボフロックスの服用方法について知っておけば、実際にレボフロックスを手に取ったときもスムーズに服用することができますよね。

レボフロックスは服用方法もクラビットと同じような感じになっており、500mgのものであれば1錠を1日1回、水やぬるま湯と一緒に服用します。

250mgのものを使う場合、1回に2錠服用することになるので、用量によって服用する量に違いがあることを忘れないようにしましょう。

また、レボフロックスで治療したいと考えている症状によって、レボフロックスを服用する量が変わってくる場合もあるので、事前にかかりつけの医師に相談し、最も適した量のレボフロックスを服用するようにしましょう。

また、レボフロックスは腎機能に何らかの障害がある状態で服用すると、薬の成分を上手く代謝することができず、血中濃度が高い状態が持続してしまうことがあるので、服用するときには注意が必要な面もあります

同じように不整脈や虚血性心疾患などの重篤な心疾患、てんかんなどの痙攣性疾患や既往歴がある人も、レボフロックスを服用するときには注意が必要です。

これらの条件を満たしている人は、レボフロックスを服用する前に、一度かかりつけの医師に相談し、指導してもらってからレボフロックスを服用することをオススメします。

服用方法もとても簡単で、クラビットよりも安価に症状を治療できるレボフロックスですが、その裏にはこういった注意点も存在しています。

レボフロックスを服用するときは、服用方法だけでなく注意点も同時に確認しておきましょう。

レボフロックスの併用禁忌薬と副作用

レボフロックスの併用禁忌薬と副作用を解説する医者

レボフロックスは様々な魅力があるクラビットのジェネリック薬ですが、元になっているクラビットには副作用やその他の注意点がありますよね。

そのため、クラビットと同じ成分で作られているレボフロックスも、どのような副作用があるのか、気になってくるのではないでしょうか。

また、併用禁忌薬があるのかどうかも、レボフロックスを安心して服用するためには知っておきたいポイントですよね。

レボフロックスに含まれている成分は、クラビットと同じレボフロキサシンです。

そのため、フェニル酢酸系やプロピオン酸系の医薬品と併用するときに注意が必要で、特にフェニル酢酸系、またはプロピオン酸系の非ステロイド性解熱鎮痛剤と併用すると、フェニル酢酸系またはプロピオン酸系の非ステロイド性解熱鎮痛剤の作用が強まってしまう恐れがあります。

同じようにクマリン系抗凝固剤も、レボフロックスと併用すると作用が強まってしまう恐れがあるので、注意しましょう。

作用が強まると聞くと、一見お得なのでは?と思うかもしれませんが、薬の作用が強まると副作用などに悩まされる可能性も高くなるので、あまりオススメできません。

また、アルミニウムやマグネシウムを含んだ制酸剤や鉄剤はレボフロックスの効果を弱めてしまう恐れがあるので、併用は避けたほうが無難でしょう。

また、レボフロックスはワルファリンと併用するとQT延長を起こす恐れがあります。

QT延長というのは、心臓が収縮したあとの再分極の遅延が発生し、心室頻脈のリスクを増大させる心臓疾患です。

このように、レボフロックスは併用する薬によっては心臓にも負担をかける可能性があるので、何らかの医薬品を服用している状態でレボフロックスを服用しなければならないときは、かかりつけの医師に相談してからにしたほうがいいかもしれません。

レボフロックスは副作用が少なく作られているジェネリック薬ですが、副作用が出た場合、下痢や軟便といった症状が出る可能性があります。

これはレボフロックスが症状を引き起こしている細菌だけでなく、腸内細菌も一緒に殺菌してしまうためだといわれています。

この他にも、蕁麻疹や発疹、発赤、味覚異常などの症状が出る場合もあるので、これらの症状が出た場合はレボフロックスが身体にあっていない可能性もあるので、速やかに病院へ行き、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

基本的にレボフロックスの副作用はクラビットと同じである部分が多いので、クラビットの副作用も同時に覚えておくといいかもしれませんね。

レボフロックスの購入方法

通販で購入する

クラビットよりも安価に手に入れることができて、クラビットと同じ効果を得ることができるレボフロックス。

薬代をできるだけ抑えつつ治療をしたいと考えている人にとって、レボフロックスはとても助かると感じる医薬品なのではないでしょうか。

クラビットを使うよりもお得に性病を治療できたら、気分的にもお得だと感じますよね。

そのため、レボフロックスの購入方法を知っておきたいと考えている人も、結構多いのではないでしょうか。

レボフロックスが欲しいと思ったときにスムーズに購入するためにも、レボフロックスの購入方法について、簡単にですが説明します。

レボフロックスはとてもお得ですし、頼りにできるジェネリック薬ですが、実はまだ日本では認可されていない治療薬という一面を持っています。

海外では製品化されていますが、日本では厚生労働省の認可が下りていません。

日本で医薬品を販売するためには厚生労働省の認可が必要になるので、まだ認可されていないレボフロックスは日本国内で購入することはできないのです。

そのため、病院で処方してもらうことはできませんし、薬局やドラッグストアでもレボフロックスは販売されていません。

ですが、レボフロックスの購入方法が全く存在しないわけではありません。

インターネットには様々な通販サイトがありますが、その中には海外の医薬品を購入できる通販サイトも存在しています。

こういった通販サイトを利用すれば、レボフロックスを購入することができ、さらに処方箋なども必要ないので、言ってしまえば医療機関を受診せずに治療薬を手に入れることができるのです。

性病にかかってしまったときは医療機関を受診しづらいと感じてしまいますし、そもそも仕事が忙しいとなかなか病院に行くことができないこともありますよね。

そんなときでも、こういったサイトを利用すれば簡単にレボフロックスを購入し、性病を治療することができるのです。

海外の医薬品を購入できる通販サイトは、最近インターネットを中心に、多くの人の間で話題になっています。

そのため、レボフロックスの名前で検索をかけるだけでも様々な通販サイトが検索結果に出てくるため、自分が最も信頼できると感じるサイトを選んで利用することができます。

クラミジアや淋病などの性病にかかってしまったからレボフロックスでこっそり治療したい、もしものときのためにレボフロックスを備えておきたい、安く購入できるならジェネリック薬を使いたいと考えている人は、ぜひ通販を利用してレボフロックスを購入しましょう!

↓↓性感染症の治療薬はこちらで購入できます!↓↓