新薬クラビットの薬価と個人輸入代行通販サイトで購入できるクラビットのジェネリック医薬品の価格を比較しています。

新薬とジェネリック医薬品の価格の比較

クラビットは、クラミジアや淋病、尿道炎、子宮内感染などの病気に高い効果を発揮してくれます。
非常に多くの感染症に対応しているので、内科をはじめ様々な診療科で処方される抗生物質です。

クラビットの特徴

性病などの感染症に対して優れた効果が期待できるクラビットは、1錠あたりの薬価に関しても少し高くなっています。

クラビットの価格

【メーカー】
第一三共

【成分】
レボフロキサシン水和物

【成分量】
1錠250mg

【薬価】
1錠234円

仮に20錠の処方であれば4,684円となります。

クラビットジェネリックの価格

できるだけ薬代を節約したいと思うのであれば、安価で入手できるジェネリック薬品の購入を検討してみるのも良いでしょう。

下記に代表的な2つのクラビットジェネリックを紹介しますので参考になさってください。
紹介する2つともに、有効成分=レボフロキサシン水和物、成分量=1錠250mgは変わりありません。

レボフロックス(Levoflox)

【メーカー】
シプラ

【薬価】
1錠26円

エルクイン(LQuin)

【メーカー】
シプラ

【薬価】
1錠85円


このように、ジェネリックであれば新薬よりおよそ60%から90%も価格がオフになるのです。
同じ成分のジェネリック医薬品でもこんなに価格差があるので、安くて信頼できるサイトで購入する事が重要です。

レボフロックス購入者の声

日本国内でのジェネリック医薬品の普及率はまだまだ高いとは言えないのが現状です。
しかし、海外では当たり前のようにジェネリックを求める人が多くいらっしゃいます。

購入をお考えの方は、当サイトに掲載しております個人輸入代行サイトのご利用をおすすめします。

新薬とジェネリックの違い

新薬とジェネリックの違いを説明する医者

海外ではすっかり浸透しており、多くの人が服用しているジェネリック医薬品。

日本でも最近ジェネリック薬が広まってきており、昔よりもさまざまなところでジェネリック薬を見かけるようになってきていますよね。

新薬よりも後に発売されるのがジェネリック薬で、インターネットでは新薬を使うよりもジェネリック薬を使うほうがお得だという情報もたくさんありますよね。

今飲んでいる薬からジェネリック薬に切り替える人たちもいますが、そもそも新薬とジェネリック薬ではどのような違いがあるのか、疑問に感じているという人もいるのではないでしょうか。

新薬とジェネリック薬が同じなのは、薬に含まれている有効成分や量、そして効果です。

そもそもジェネリック医薬品というのは、先に発売されている新薬の成分と同じものを作って製造しているものです。

新薬は有効成分の研究と開発を重ね、きちんとした効果があるとわかってから厚生労働省に認可してもらうために申請を出し、無事に認可されたら発売されます。

新薬の特許は基本的に20年、最大で25年になっており、この特許が切れたあとに同じ成分と量でジェネリック薬が作られます。

つまり、ジェネリック薬は新薬をまえて作られている医薬品なので、有効成分や含まれている量、効果は同じになるというわけです。

こういった特徴があることから、新薬もジェネリック薬も同じものとして認識している人もいるかもしれませんが、この二つにははっきりとした違いがあります。

それは飲みやすさです。

ジェネリック薬が新薬と同じなのは含まれている有効成分や効果、成分の量までです。

薬の形状や薬の色、味や添加物は新薬と違いをつけることができ、こういった部分で新薬とジェネリック薬の違いを出すことができるのです。

たとえば、新薬に苦味がある場合、苦味が苦手な人はその新薬を飲みづらいと感じてしまいますよね。

そこで、ジェネリック薬では薬の表面をコーティングすることで苦味を抑えることができ、薬を飲みやすく作ることができるのです。

また、薬の大きさを変えることもできるので、もともとの錠剤が大きめの形なら、ジェネリック薬では小さめに作るといったことも可能なのです。

日本ではまだまだジェネリック薬は浸透していないため、新薬とジェネリック薬でどのような違いがあるのか、詳しく知らないという人は多いと思います。

新薬とジェネリック薬は比べるとこういった違いがあり、より多くの人が使いやすくなっているといえるのがジェネリック薬なのです。

ジェネリックのメリット

ジェネリック医薬品の数々

海外に比べて、日本では新薬のほうがいいのでは?というブランドイメージが先行してしまっている部分が強く、ジェネリック薬にはどのようなメリットがあるのか、実はよく知らない……という人も多いと思います。

インターネットではお得に使えると話題になっているジェネリック薬ですが、そもそもジェネリック薬にはどのようなメリットがあるのか、知らない状態のままでは使おうという気になれませんよね。

新薬と同じ有効性が認められているジェネリック薬ですが、ジェネリック薬のメリットとは一体何があるのでしょうか。

ジェネリック薬のメリットとして、真っ先に挙げることができるのは、その価格の安さです。

新薬では成分の開発と研究に莫大な資金と時間をかけており、新薬を作るだけでも10年から15年ほどの時間と、約500億円の開発費用が必要になるといわれています。

これだけの長い時間と莫大な資金が必要になるので、新薬はその費用を回収するために値段が高めに設定されて発売されています。

これに対して、ジェネリック薬では効果や副作用がはっきりとわかっている成分を使って作られるので、新薬を開発するときに必要になる臨床試験を省略することができ、開発に必要な時間も3年未満、費用は数千万円で済ませることができます。

開発に時間もお金もそれほどかけていないので、開発費用を回収する必要もなく、新薬よりも安価な価格で販売することができるのです。

つまり、ジェネリック薬は新薬と同じ効果と成分があるのに、新薬よりも安く手に入れることができるお得な医薬品ということになるのです。

また、ジェネリック薬では安全性をさらに高める目的で、異なる添加物を配合していることがあり、新薬よりも安心して服用できるというメリットがあります。

新薬からジェネリック薬に切り替えれば、大きな医療費の負担を軽減することができるので、医療費が負担だと感じていた人でも安心して使用することができます。

新薬の薬価の7割ほどの価格で手に入れられるので、継続して服用しなければならない薬を飲んでいる場合、新薬を使い続けるよりもジェネリック薬を使ったほうが、長い目で見て薬代の節約に繋がります。

病院で処方してもらう場合も、健康保険を提示すれば3割負担でよくなることがあるので、とってもお得になりますよね。

インターネットでジェネリック薬がお得だといわれているのには、こういった理由があるためなのです。

性病の治療薬は、基本的に完治するまで服用しなければならないものがほとんどなので、少しでも治療に必要なお金を安くしたいと考えている人は、ぜひジェネリック薬を使いましょう。

ジェネリックと安全性

ジェネリックとその安全性を説明する医者

さまざまなメリットがあり、新薬よりもお得に症状を治療できるジェネリック薬ですが、安全性が気になってしまうという人もいるのではないでしょうか。

薬は自分の身体に入れるものですし、いくら新薬と同じ成分が入っているといわれても、その安全性はどうなのか、本当に安心して使うことができるのか気になるという人もいることでしょう。

また、中にはジェネリック薬に対して否定的な意見を持っている人たちもいるので、そういった人たちの意見を見て不安に感じている人もいるかもしれません。

そもそもジェネリック薬に使われている成分は、新薬の特許期間中に効き目や安全性が十分に確認されたものが使われています。

そのため、新薬と同じ安全性であるといえますし、ジェネリック薬も新薬と同じ効き目があることを確かめるために、溶出試験や品質再評価といった厳しい試験を実施することが義務付けられています。

つまり、新薬と同じ成分が含まれているからといって全ての試験を省略して発売されているのではなく、ジェネリック薬も発売する前に厳しい試験を行わなければならないのです。

ジェネリック薬も全ての試験で問題ないと判断されてから販売されているので、安全性に問題ないといえるのです。

また、ジェネリックに対して否定的な意見を持っている人たちの中には、ジェネリック薬では安全性を確かめる検査をしていないことを指摘している人もいますよね。

確かにジェネリック薬では新薬が発売されるときに必要になる毒性試験などは行われていません。

このことからジェネリック薬は安全性に欠けるという意見なのですが、ジェネリック薬はあくまで新薬と同じ有効成分を、同じ量で作った薬です。

実際に効果があるのは含まれている有効成分だけで、それが同じになるように作られている以上、新薬で確認されていない副作用が出る可能性は極めて低いといえます。

新薬であっても添加物などを変更するマイナーチェンジは行われており、新薬のマイナーチェンジでも毒性試験をする必要はありません。

つまり、薬に含まれている有効成分と量が同じなら安全性に問題はないということになります。

こういった理由から、ジェネリック薬では毒性試験は行われていませんが、新薬と同じ成分と用量になっているので安全性も同じになっています。

全く試験をせずに発売されているわけではないので、今までジェネリック薬に不安があって使うことができないでいたという人は、安心してジェネリック薬を使いましょう。