新薬クラビットの薬価と個人輸入代行通販サイトで購入できるクラビットのジェネリック医薬品の価格を比較しています。

新薬とジェネリック医薬品の価格の比較

クラビットは、クラミジアや淋病、尿道炎、子宮内感染などの病気に高い効果を発揮してくれます。
非常に多くの感染症に対応しているので、内科をはじめ様々な診療科で処方される抗生物質です。

クラビットの特徴

性病などの感染症に対して優れた効果が期待できるクラビットは、1錠あたりの薬価に関しても少し高くなっています。

クラビットの価格

【メーカー】
第一三共

【成分】
レボフロキサシン水和物

【成分量】
1錠250mg

【薬価】
1錠234円

仮に20錠の処方であれば4,684円となります。

クラビットジェネリックの価格

できるだけ薬代を節約したいと思うのであれば、安価で入手できるジェネリック薬品の購入を検討してみるのも良いでしょう。

下記に代表的な2つのクラビットジェネリックを紹介しますので参考になさってください。
紹介する2つともに、有効成分=レボフロキサシン水和物、成分量=1錠250mgは変わりありません。

レボフロックス(Levoflox)

【メーカー】
シプラ

【薬価】
1錠26円

エルクイン(LQuin)

【メーカー】
シプラ

【薬価】
1錠85円


このように、ジェネリックであれば新薬よりおよそ60%から90%も価格がオフになるのです。
同じ成分のジェネリック医薬品でもこんなに価格差があるので、安くて信頼できるサイトで購入する事が重要です。

レボフロックス購入者の声

日本国内でのジェネリック医薬品の普及率はまだまだ高いとは言えないのが現状です。
しかし、海外では当たり前のようにジェネリックを求める人が多くいらっしゃいます。

購入をお考えの方は、当サイトに掲載しております個人輸入代行サイトのご利用をおすすめします。

↓↓性感染症の治療薬はこちらで購入できます!↓↓