クラミジアに対して有効な成分として、クラリシッドという医薬品があります。クラリシッドの効果や服用方法、注意点などについて解説します。

クラリシッドの効果と特徴

クラリシッド

クラミジアに対して効果的な抗生物質は様々な種類が存在しており、自分にあっていると感じる抗生物質を選択し、それを使って治療をすることができます。

クラミジアなどの性病は性行為を行う人なら誰もが気をつけたいと思っている病気なので、治療薬がたくさんあるというのはなんだか安心感がありますよね。

クラリシッドという抗生物質もその中の一つで、クラミジアに対して高い効果を発揮します。

もしかしたら、クラリシッドという薬を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

クラリシッドは、肺炎や気管支炎といった一般的な病気から性病まで、幅広い症状の治療に利用することができる抗生物質です。

抗生物質としての種類はジスロマックと同じマクロライド系の抗生物質で、有効成分としてクラリスロマイシンという成分を含んでいます。

ドライシロップタイプと錠剤タイプの二つが作られており、病院で処方してもらう場合、年齢や体重などに合わせてどちらかが処方されることになります。

1991年に発売されてから多くの人に利用されており、性病の治療から一般的な病気の治療まで、幅広い症状の治療で活躍している薬でもあります。

マクロライド系の抗生物質ではエリスロマイシンという薬もあるのですが、クラリシッドはエリスロマイシンと比べると消化管からの吸収が良く、半減期も長くなっているという特徴を持っています。

クラリシッドには、細菌のリボソームに作用し、細胞分裂をするときに行うタンパク質の合成を阻害して細菌を死滅させるという効果を持っています。

死滅させることができる細菌は肺炎球菌や溶血連鎖球菌グラム陽性菌などになりますが、最近では耐性菌が問題視されているという面があります。

また、これらの細菌以外でも、グラム陰性菌ではインフルエンザ菌、モラキセラも死滅させることができ、クラミジアやリケッチア、レジオネラなどの非定型菌にも効果的です。

このように、たくさんの種類の細菌をカバーすることができるのがクラリシッドという抗生物質なのです。

クラリシッドは効果が現れるのも比較的早く、服用しはじめて3日から4日で効果が現れるケースが多いといわれています。

幅広い細菌を死滅させることができるだけでなく、比較的早く効果が現れ始めるというのはなんだか安心感がありますよね。

ですが、場合によってはクラリシッドの効果で症状が治まっているように見えるだけの場合もあるので、確実に治療するためにも14日間はクラリシッドを服用し続けることをオススメします。

クラリシッドの服用方法と注意点

クラリシッドの服用方法と注意点を解説する医者

クラリシッドはジスロマックと同じように、安心して服用できる抗生物質です。

クラミジアなどの性病にかかってしまったときだけでなく、クラリシッドが効果を発揮するその他の病気にかかってしまったときでも服用することができるのが、クラリシッドの頼りになるところでしょう。

そんなクラリシッドですが、薬のタイプが二つあるため、それぞれの服用方法を知っておきたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

錠剤とドライシロップ、両方の服用方法を知っておけば、どちらが処方されても安心して服用することができますよね。

クラリシッドは年齢や症状によって調節されますが、基本的には1日に2回服用することになる抗生物質です。

性病、特にクラミジアを治療するために服用する場合、1回につき200mgの錠剤を1錠、水やぬるま湯と一緒に服用するというのがクラリシッドの服用方法です。

ドライシロップタイプのクラリシッドの場合、体重1kgあたり10mgから15mgを懸濁し、1日の中で2回から3回に分けて服用することになります。

ですが、ドライシロップのクラリシッドは基本的に小児用のもの、つまり子供が何らかの病気にかかってしまったときに処方される薬です。

そのため、大人がクラリシッドのドライシロップを処方されることは、あまりないと考えておいたほうがいいでしょう。

また、クラリシッドはマクロライド系の抗生物質の一種なので、他のマクロライド系抗生物質でアレルギー反応を起こしたことがある人は服用するときに注意が必要です。

マクロライド系の抗生物質でアレルギー反応が出たことがある人がクラリシッドを服用すると、場合によってはアナフィラキシーなどの重篤な副作用が出てしまう恐れもあるので、基本的にマクロライド系抗生物質でアレルギー反応が出た人はクラリシッドの服用を避けたほうが無難だといえるでしょう。

肝代謝型の抗生物質なので腎機能が低下している人でも服用することができるという特徴を持っていますが、肝機能に何らかの障害がある人はクラリシッドを服用するときに注意しなくてはなりません。

何らかの心臓病や低カリウム血症を患っている人も、不整脈が現れる恐れがあるので、クラリシッドを服用するときは注意しましょう。

クラリシッドは服用方法が二つあるだけでなく、様々な注意点も存在しています。

医薬品を安全に服用し、その効果を引き出すためにはこういった注意点もしっかり把握しておかなければなりません。

頼りになる抗生物質であるクラリシッドを安全に使うためにも、クラリシッドの服用方法だけではなく注意点なども同時に把握し、安全に性病を治療していきましょう。

クラリシッドの併用禁忌薬と副作用

錠剤

安心して服用できるという魅力があるクラリシッドですが、実は一緒に併用することができない薬、つまり併用禁忌薬が複数あるという特徴を持っている治療薬でもあります。

また、併用禁忌薬だけでなく、併用注意薬も複数存在しているので、クラリシッドを服用するときはこれらの医薬品に気をつけなくてはなりません。

肝代謝型の薬の場合、体内に入った薬は肝臓で代謝されることになります。

肝臓で薬を代謝するときに必要になる酵素としてCYP3A4という酵素があるのですが、クラリシッドにはこの酵素の働きを阻害してしまうという一面も持っています。

CYP3A4の働きが阻害されてしまうと肝臓で薬を上手く代謝できなくなってしまい、CYP3A4で代謝される薬の血液中の濃度が高まってしまう可能性があるのです。

クラリシッドの併用禁忌薬は、オーラップを有効成分に含んでいるピモジドや、エルゴタミン酒石酸やジヒドロエルゴタミンメシル酸塩を含んでいるクリアミンとジヒデルゴットなどの医薬品になります。

また、これだけでなく、アドシルカやスンベプラ、バニヘップ、ベルソムラにコルヒチンも併用禁忌薬の中に含まれています。

クラリシッドはこのように、様々な併用禁忌薬があるので、何らかの医薬品を既に服用している人はかかりつけの医師に必ず相談してからクラリシッドを服用しましょう。

また、クラリシッドはリスモダン、テオドール、ネオーラルやサンディミュンなどの医薬品が併用注意薬になっており、併用するときは注意しなくてはなりません。

これらの医薬品以外にも、ワーファリンやテグレトール、ジゴシンなどの医薬品も併用注意薬として数えられているので、注意が必要です。

クラリシッドを安全に使うためにも、服用する前にクラリシッドの併用注意薬について詳しく調べておくことをオススメします。

併用禁忌薬や併用注意薬だけでなく、クラリシッドの副作用について知っておきたいと考えている人も多いことでしょう。

クラリシッドは比較的副作用が少ない抗生物質の一つで、症状が出たとしても軽い症状が中心になっています。

そのため、医薬品を使うときはどうしても副作用が気になってしまうという人でも、比較的安心して服用することができます。

クラリシッドは副作用が現れた場合、下痢や胃痛、吐き気、発疹などの症状が出ます。

重い副作用が出ることはほとんどありませんが、重い副作用が現れたときは不整脈や大腸炎などの症状が出ます。

クラリシッドにはこのような副作用が現れる可能性があることも、しっかり覚えておきましょう。

クラリシッドの購入方法

クラリシッドを通販で購入する女性

性病に対して効果がある抗生物質で、インターネットなどの場所で話題になっているものの多くは厚生労働省の認可が下りていないものである場合がありますよね。

そのため、どれだけ効果的であるといわれても、厚生労働省からの認可が下りていないという点から安心してそれらの抗生物質を使えない人もいると思います。

クラリシッドは厚生労働省の認可を受けて、日本国内でも処方されている医薬品なので、そういった人たちでも安心して使用することができるというメリットがあります。

少しでも安心して性病を治療したいと考えている人は、日本国内でも手に入れることができるクラリシッドを使うことをオススメします。

厚生労働省の認可も下りているという安心感があるクラリシッドですが、肝心の購入方法はどのようなものなのでしょうか。

クラリシッドは日本国内で手に入れる場合、医師からの処方箋がないと購入することができない処方箋薬の一つになっています。

そのため、日本国内でクラリシッドを購入する場合、病院へ行って医師の診察を受け、処方箋を出してもらうのがクラリシッドの購入方法になります。

この購入方法なら、確実に本物のクラリシッドを手に入れることができますし、事前に医師に気になる症状を相談することもできるので安心感があります

また、クラリシッドの適切な服用方法も説明してもらうことができるので、できるだけ安心感がある方法でクラリシッドを購入したい場合は、この購入方法がオススメです。

ですが、実はクラリシッドの購入方法はこれだけではありません。

日本でも最近話題になっていますし、インターネットでも見かけることが多くなってきたので、見たことがある人もいるかもしれませんが、クラリシッドは医薬品の通販サイトで購入することもできます。

クラリシッドを取り扱っているのは一般的な通販サイトではなく、海外の医薬品も取り扱っている通販サイトになるので利用するときは注意が必要です。

こういった海外の通販サイトなら処方箋がなくてもクラリシッドを購入することができるので、今、クラミジアの症状に悩まされているわけではないけどクラリシッドを購入しておきたいと考えている人は、通販を利用する購入方法がオススメです。

クラリシッドの購入方法は一つだけでなく、二つの方法があるので、クラリシッドを購入するときはそれぞれの方法のメリットとデメリットを比較したうえで、自分がより安心して利用できると感じる方法でクラリシッドを購入しましょう。

↓↓性感染症の治療薬はこちらで購入できます!↓↓