クラビットは多くの感染症治療に幅広く使われる抗生物質です。作用・副作用の特徴や通販での入手について解説します。

クラビットの特徴

クラビットはニューキノロン系の抗菌剤で、主に細菌による感染症の治療薬として病院などで処方されます。

日本国内で処方されるクラビットは第一三共株式会社が製造、販売しています。

クラビットの有効性

クラビットの有効菌種としては、ブドウ球菌属、肺炎球菌、淋菌、大腸菌、インフルエンザ菌、クラミジアなどが挙げられます。

クラビットの対応症状

・呼吸器感染症
・皮膚感染症
・リンパ節炎
・膀胱炎
クラミジアや淋病などの性感染症

様々な症状に効果が認められており、抗菌力も強いクラビットは、呼吸器科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、耳鼻科などでも処方され、幅広い感染症の治療に使われています。

クラビット使用上の注意点

日本国内の医療機関で処方されるクラビットは、250mg、500mgの錠剤や点眼液があります。

クラビットの成分に過敏症の方、妊婦、小児は服用出来ません。
また、アレルギーや持病のある方は事前に医師に相談し、他の薬を服用中の方は飲み合わせにも注意が必要なので、その旨を医師や薬剤師に伝えましょう。

他の薬を服用するのと同様に、基本的なことですが、用法・用量をきちんと守り服用する事が大切です。

クラビットの副作用

クラビットは副作用の少ない抗生物質ですが、副作用としては下記の症状が報告されています。

・発疹
・頭痛
・腹痛
・吐き気
・嘔吐
・食欲不振

比較的軽いものが多く、使用しているうちに消失することがほとんどですので安心して服用できます。

しかし持病があって治療を受けている場合には、症状が悪化する可能性もあるので注意が必要です。
薬を服用していつもと違う症状が現れた時には、速やかに医師の診察を受けましょう。

体に異常や異変を感じたら、服用を中止しただちに医師に相談して下さい。

クラビットの入手方法

クラビットを手に入れるには、医療機関での処方と、個人輸入代行業者を利用し海外から通販する方法があります。

医師の診察や処方箋が不要のクラビット通販の個人輸入では、薬を格安で簡単に購入出来るというメリットがあります。

病院処方のメリット・デメリット
海外通販のメリット・デメリット

通販を利用される方の中には、自宅で出来る性病検査キットを同時に注文し、病気が確定、特定された後にクラビットを服用するという上級テクニックを駆使している方もいらっしゃるようです。

性感染症の治療薬はジェネリック医薬品も多数ありますので、安さを求めるなら効き目が変わらないジェネリックが良いと思います。

クラビットジェネリックの値段

↓↓性感染症の治療薬はこちらで購入できます!↓↓