クラビットは多くの感染症治療に幅広く使われる抗生物質です。作用・副作用の特徴や通販での入手について解説します。

クラビットの特徴

クラビットはニューキノロン系の抗菌剤で、主に細菌による感染症の治療薬として病院などで処方されます。

日本国内で処方されるクラビットは第一三共株式会社が製造、販売しています。

クラビットの有効性

クラビットの有効菌種としては、ブドウ球菌属、肺炎球菌、淋菌、大腸菌、インフルエンザ菌、クラミジアなどが挙げられます。

クラビットの対応症状

・呼吸器感染症
・皮膚感染症
・リンパ節炎
・膀胱炎
クラミジアや淋病などの性感染症

様々な症状に効果が認められており、抗菌力も強いクラビットは、呼吸器科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、耳鼻科などでも処方され、幅広い感染症の治療に使われています。

クラビット使用上の注意点

日本国内の医療機関で処方されるクラビットは、250mg、500mgの錠剤や点眼液があります。

クラビットの成分に過敏症の方、妊婦、小児は服用出来ません。
また、アレルギーや持病のある方は事前に医師に相談し、他の薬を服用中の方は飲み合わせにも注意が必要なので、その旨を医師や薬剤師に伝えましょう。

他の薬を服用するのと同様に、基本的なことですが、用法・用量をきちんと守り服用する事が大切です。

クラビットの副作用

クラビットは副作用の少ない抗生物質ですが、副作用としては下記の症状が報告されています。

・発疹
・頭痛
・腹痛
・吐き気
・嘔吐
・食欲不振

比較的軽いものが多く、使用しているうちに消失することがほとんどですので安心して服用できます。

しかし持病があって治療を受けている場合には、症状が悪化する可能性もあるので注意が必要です。
薬を服用していつもと違う症状が現れた時には、速やかに医師の診察を受けましょう。

体に異常や異変を感じたら、服用を中止しただちに医師に相談して下さい。

クラビットの入手方法

クラビットを手に入れるには、医療機関での処方と、個人輸入代行業者を利用し海外から通販する方法があります。

医師の診察や処方箋が不要のクラビット通販の個人輸入では、薬を格安で簡単に購入出来るというメリットがあります。

病院処方のメリット・デメリット
海外通販のメリット・デメリット

通販を利用される方の中には、自宅で出来る性病検査キットを同時に注文し、病気が確定、特定された後にクラビットを服用するという上級テクニックを駆使している方もいらっしゃるようです。

性感染症の治療薬はジェネリック医薬品も多数ありますので、安さを求めるなら効き目が変わらないジェネリックが良いと思います。

クラビットジェネリックの値段

クラビットの効果と作用機序

クラビットの効果と作用機序を説明する医者

性病の治療に使われることが多い抗生物質の中でも、特に馴染みがあるといえるクラビット。

クラビットは有効成分としてレボフロキサシンという成分を含んでいますが、どのようにして効果を発揮するのか知っているという人は少ないのではないでしょうか。

安心して服用することができ、馴染み深い抗生物質だからこそ、クラビットの効果や作用機序について知っておきたいという人もいるのではないでしょうか。

クラビットの効果はとても簡単に言ってしまうと、体内に入り込んできた細菌の働きを阻害して死滅させ、症状を改善するというものです。

その効果が発揮される症状は実に様々で、一般的な症状に対しては膀胱炎や中耳炎、外耳炎、風邪などの症状に効果を発揮します。

そのため、風邪を引いたときにも処方されることが多いのですが、クラビットはこれだけでなく、クラミジアや淋病、梅毒といった性病にも効果を発揮してくれます。

このように幅広い効果を発揮してくれるのがクラビットの特徴ですが、どんな症状や性病にも効果を発揮する万能薬ではありません。

クラビットが効果を発揮するのは、細菌が原因で引き起こされる症状に対してのみなので、ヘルペスやHIVなどウイルスが原因で引き起こされる性病には効果を発揮してくれないので、注意しましょう。

様々な症状を効果的に治療できるのがクラビットですが、その作用機序はどういったものなのでしょうか。

クラビットに含まれている有効成分であるレボフロキサシン水和物は、とても簡単に言ってしまうと、細菌がDNAを複製するために必要になる酵素を阻害して細菌を死滅させるというものです。

細菌は生き物の体内に入り込むと、細胞分裂をすることで増殖していくのですが、細胞分裂をするためにはDNAの複製が必要になってきます。

このときに必要になってくるのがDNAジャイレースという酵素なのですが、クラビットにはDNAジャイレースの働きを阻害する効果が含まれています。

つまり、DNAジャイレースの働きを阻害して細菌のDNA複製を抑制、細胞分裂を起こさせないようにすることで死滅させるというのがクラビットという薬なのです。

このような作用機序を持っているとなると、人間の細胞分裂にも影響が出てしまうのでは?と心配になるかもしれませんが、人間の細胞はDNAジャイレースを持っていません。

DNAジャイレースが必要になるのは細菌のみなので、人間の細胞分裂には影響を与えることなく、細菌の細胞分裂だけを狙い撃ちできるようになっているのです。

クラビットを服用していたからといって、身体に何らかの悪影響が出ることはないので、安心して服用してくださいね。

クラミジアに効果的な服用方法

クラミジアに効果的な服用方法を説明する医者

女性に多く見られる性病の中でも、代表的なものとして挙げることができるのがクラミジアですよね。

クラミジアにも効果を発揮してくれるクラビットですが、クラビットを使ってクラミジアを治療するなら、効果のある飲み方をしたいと思う人がほとんどなのではないでしょうか。

効果的な飲み方をすることができれば、クラビットの効果を最大限に引き出すことができますし、クラミジアの治療に必要な期間も短くすることができますよね。

長引くと厄介なクラミジアだからこそ、クラビットを効果的な方法で服用し、素早く治療することをオススメします。

クラビットを使ってクラミジアを治療するときは、とにかくクラビットをしっかりと服用することが大切になってきます。

クラミジアの治療を目的に服用するときは、基本的に500mgのものを使います。

この500mgのクラビットを、1日に1回、きっちりと服用するのがクラビットの効果的な服用方法になります。

1日に1回、忘れずに服用するだけでクラミジアを治療することができるというのは、とても便利だと感じますよね。

ですが、クラビットは途中で飲み忘れがあったり、症状が治まったからといって服用を途中で中断してしまうと、細菌を効果的に死滅させることができなくなってしまいます。

クラビットを服用しはじめてから、早いときは一週間程度で症状が治まりますが、それはクラビットの効果で細菌が抑え込まれているだけで、完全に死滅しているわけではありません。

その状態で服用を中断してしまうと、せっかくのクラビットの効果が薄れてしまい、体内の細菌が再び暴れだして症状が再発してしまうのです。

また、途中でクラビットの服用を中断することで、クラビットに対して耐性を持った耐性菌が作り出されてしまう可能性もあり、耐性菌ができてしまった場合はクラビットで症状を治療することができなくなってしまいます。

クラビットを途中で飲み忘れたり、服用を勝手に中断するのは間違った服用方法なので、絶対にしないようにしましょう。

クラビットでクラミジアを治療するときは、基本的に7日間ほどの期間、クラビットを服用します。

クラビットには飲むタイミングがはっきりと決められていないので、自分が飲み忘れたりすることのないタイミングで服用することをオススメします。

ですが、食前や食後にクラビットを服用する場合、タイミングによってはレボフロキサシンの効果が薄れてしまうこともあるので、食前や食後にクラビットを服用するときは最低でも2時間は空けるようにしましょう。

飲み合わせと併用禁忌薬

飲み合わせと併用禁忌薬を説明する医者

服用方法もとても簡単で、様々な症状を効果的に治療することができるクラビットですが、クラビットをはじめとした医薬品の中には、飲み合わせが悪い薬などがありますよね。

また、数ある医薬品の中には、クラビットと併用することによって重篤な症状や副作用が引き起こされる可能性がある併用禁忌薬が存在する場合もあります。

既に何らかの医薬品を服用している場合は、クラビットの飲み合わせや併用禁忌薬がどうしても気になってきてしまいますよね。

クラビットと飲み合わせが悪い薬として真っ先に挙げることができるのは、フェニル酢酸系やプロピオン酸系の非ステロイド消炎鎮痛薬になります。

プロピオン酸系の非ステロイド消炎鎮痛薬の中で、最も身近なのはロキソニンなので、クラビットとロキソニンを併用するときは注意が必要です。

これはクラビットとフェニル酢酸系やプロピオン酸系の薬を併用すると、中枢神経におけるGABA受容体の働きを阻害してしまい、これによって痙攣を誘発すると考えられているためです。

つまり、フェニル酢酸系やプロピオン酸系の医薬品とクラビットを併用してしまうと、痙攣が引き起こされるおそれがあるのです。

特にてんかんなどの痙攣性疾患を持っている場合、クラビットとロキソニンを併用するのは避けたほうが無難といえるでしょう。

また、これだけでなく、クラビットは金属含有剤と一緒に併用するときは注意が必要です。

アルミニウムやマグネシウム、鉄剤といった金属含有剤とクラビットを併用すると、クラビットの成分が身体に吸収するのを妨げられてしまいます。

クラビットの効果が薄れてしまうと、どれだけ効果的な服用方法をしていても意味がなくなってしまうので、クラビットの他にも金属含有剤を飲まなければならない場合は注意しましょう。

クラビットを服用して、1時間から2時間後に金属含有剤を投与すれば効果の減弱を下げることができるといわれていますが、念のためにかかりつけの医師に相談してからにするのがいいでしょう。

また、クラビットはスルホニルウレア系の医薬品や、インスリン製剤とも飲み合わせが悪く、これらの医薬品と併用すると低血糖や低血糖性昏睡を引き起こしてしまいます。

クマリン系抗凝血剤やワルファリンなどの医薬品は、作用を強めてしまうので、これらの医薬品を既に使っているという人はクラビットを使用するときに注意しなくてはなりません。

一部の抗菌剤と併用することで、抗菌剤の吸収を悪くして効果が落ちてしまうということも考えられるので、注意しながら服用するようにしましょう。

↓↓性感染症の治療薬はこちらで購入できます!↓↓