代表的な性病の概要説明と性病放置のリスク、通販で入手可能なクラビットの紹介をしています。

日本人が罹りやすい代表的な性病

感染症の中でも世界で問題となっているのが性病(性感染症)です。

SEXを中心とする性行為によってうつってしまう病気のことを一般的に性感染症(STD)と呼びます。

性病には、その症状、原因菌、感染経路が異なることにより、様々な種類が存在します。
症状としては、重症なものから軽症で済むもの、まったく症状が出ないものもあります。

まず最初に、日本人がなりやすい3種類の性病の概要を説明します。

クラミジア

日本で1番感染者が多いのがクラミジアです。

実は先進国の中でも日本は感染者が異常に多く、性病が多い国だとも考えられています。

感染者の多くは若い女性で、高校生くらいの年代の感染率が1番多いのです。

クラミジア・トラコマチスという菌に感染することによって発症してしまいます。

この感染症ですが、性器のみならず咽頭などにも発症することから、通常のセックスのみならず口などを使ったセックスによっても感染してしまうのです。

そして感染者が多い1番の原因は、症状が出にくいことがあげられます。

特に女の人の場合は症状が出づらく、感染しても気づいてない人がほとんどです。
そのため他の人にうつしやすい性病となってしまっているのです。

ヘルペス

ヘルペスウィルスによって感染する感染症です。

セックスを行うことによってウィルスがうつってしまい、水ぶくれのようなものが沢山出来てしまいます。

ヘルペスウィルスは他にも帯状疱疹や、水ぼうそう、口唇ヘルペスなども引き起こします。

口にできたヘルペスの場合、口との接触によって性器に感染させてしまうこともあり、またその逆も有り得ます。

1度ヘルペスになってしまうと完治することは難しく、再発する可能性が高いです。

淋菌感染症

一般的には淋病と呼ばれており、淋菌によって感染します。

男性は症状が出やすく、ペニスの尿道部分から膿が出たり、排尿の時に痛みを伴います。
女性はあまり症状が出にくいので、淋病もまた感染したことに気づきにくいのです。

淋病も上記の性病と同様、口の接触によっても感染してしまうので感染経路が複数あることになります。

以上が日本人が感染しやすい代表的な3つの性病の概要ですが、他にも性病はまだまだあります。

日本は性病大国と呼ばれており、コンドームの着用率が低いことも問題視されています。

続いて、日本でもっとも感染者数の多いクラミジアとその治療について解説します。

クラミジアの症状と治療法

昔に比べ、若い男女の性生活の乱れなどが影響し、近年性病患者の数は増す一方です。

その中でもクラミジアの感染者は急増しており、感染していても気付かないままパートナーに移してしまい、ピンポン感染していくケースも見られます。

クラミジアかな?という疑いがある男女は下記の要素を判断基準としてください。

男性に見られる症状

クラミジアは男性の場合には、その症状としてまず排尿痛が起こり、ひどくなると排尿の際に膿が出ることがあります。

女性に見られる症状

女性の場合は男性よりも症状が分かりにくことも多く、性器の周辺にかゆみを感じたり、尿をする時に少し痛みや違和感を抱いたりします。

下腹部痛や、おりものが増えることもありますが、男女共に症状を感じにくく、放置してしまうことも多いのがまた怖いところです。

またクラミジアは女性の場合には、将来的に不妊の原因になることもあり、きちんと治しておく必要があります。

クラミジアを治療するには

このようなクラミジア治療に効果がある薬がクラビットです。

クラビットは、風邪の時などにも処方されるニューキノロン系経口抗菌製剤で、主に細菌による感染症に効果があります。
感染した際に、細菌のDNA複製を阻み、菌を殺す働きがあり、広い範囲での感染症の治療に用いられています。

クラビットの詳細

クラビットは、病院で処方箋をもらわなくても、最近では通販でも購入することができます。

クラビット通販は病院の処方箋がなくても簡単に薬を手に入れることができ、早急に症状を解消したい際に役に立ちます。

病院処方のメリット・デメリット
海外通販のメリット・デメリット

また、ジェネリックであれば購入価格を抑えることができるので、経済的にも非常にお得です。

クラビットジェネリックの値段

なかなか病院に行く時間がない人は、個人輸入代行サイトでクラビット通販を利用すると良いでしょう。

当サイトに掲載しております医薬品通販サイトは安心安全の優良サイト様なので、購入の際にはぜひご利用ください。

これ以上感染を広げないためにも、そして、症状を悪化させないためにも、早急に手を打って治すことが大切です。

↓↓性感染症の治療薬はこちらで購入できます!↓↓

性病を治療せず放置するリスク

性病の中には症状があまり出ないものもあり、感染したことに気づかないで放置してしまっている人もいらっしゃいます。

さらに、「感染してるかも」と薄々気づきながらも、症状が軽いから大丈夫だろうと過信し治療しないままの人もいるのが現状なのです。

では性病に感染しているのに放置した場合どのようなリスクがあるのでしょう?
以下の項目をお読みいただければ、一刻も早い治療が必要だということがおわかりいただけるかと思います。

性病に感染したら、早期の治療が必須なのです。

性病放置のリスク その1

男性女性ともに不妊症になりやすくなる。
性病のほとんどは炎症をおこしてしまうので、男性の場合だと尿道炎から精巣上体炎、そして精子が生成できなくなってしまい、無精子症になる可能性もあります。

女性はまず子宮頚等に炎症を起こしそのまま上昇し、卵巣炎や排卵障害なることで不妊症になってしまう可能性があります。

特に女性は不妊症だけでなく、妊娠できたとしても流産しやすくなったり、そのまま維持できても早産してしまうのです。

性病放置のリスク その2

性行為の相手に感染させてしまう。

これは当前のことなのですが、自分が性病に感染していた場合、性行為を行えば相手に感染させてしまう恐れがあります。
自分が治療し完治してもまたパートナーから感染してしまったりなど繰り返し起こるかもしれません。

感染率が高い性病だと、同じ感染者と2回性行為をすれば高い確率で感染してしまうものもあるので、もしパートナーがいる場合は2人で治療していきましょう。

さらに性行為では必ずコンドームを着用し、感染の拡大を防いでください。

性病放置のリスク その3

重度な疾患になってしまう。

例えばコンジローマに感染した場合、子宮頸がんになる可能性が高くなります。
完治したとしても子宮頸がんになるリスクが高いため、必ず定期的に検査をしましょう。
そのほかにも性病の中には男女ともにHIVウィルスに感染してしまうリスクが通常の時よりも3倍から5倍にも膨れ上がります。
炎症によってウィルスが侵入しやすくなってしまうのです。

性病の中には、放置したがために命にかかわる疾患になってしまうこともあります。

昔までは性病=死の病気、として扱われていました。
(今は抗生剤などによる治療が出来るため死亡率自体は下がってきています)

少しでもおかしいなと感じたら必ず検査や検診をしていきましょう。